コンピューター

【Ubuntu18.04LTS】モネロのフルノードを立てる方法(Cliのみ)

更新日:

記事作成年月日等:2020年(令和2年)8月4日(火)

記事修正:2020年8月18日(火)...wgetのURLを最新のバージョンをダウンロードできるように修正

要 旨

今回はUbuntu18.04LTSで暗号資産モネロ(MONERO, XMR)のフルノードを立てる方法(Cliのみ)について記述します。

実行環境等

VPS:Conoha 東京リージョン、CPU 2Core、1GB RAM、SSD 100GB、料金:1.5円/時間 36円/日   880円/月

OS:Ubuntu18.04LTS(CentOS7では実行できませんでした。理由はダウンロードしたtar.bz2ファイルが展開できないためです。)

操作端末:iMac

同期開始:2020年8月1日(土)15:00

同期完了:2020年8月2日(日)05:00

約14時間を同期に要した。

ブロックチェーンのデータ量:92GB

実施要領等

ユーザー追加及びsudo権限の付与

私のブログ記事「Ubuntuでユーザーを追加してsudo権限を付与する方法」を参照してください。

保全のためrootログインを無効化する。

私のブログ記事「Ubuntuでrootのログインを無効化・有効化する方法」を参照してください。

アップデートする。

ダウンロードする。

展開する。

不要になったlinux64ファイルを削除する。

ディレトリを移動する。

コマンドをインストールする。

moderodを起動させて同期が開始されるのを確認する。

同期の開始が確認できたなら、一度monerodを停止させる。
Ctrl +c
バックグランドでmonerodを起動させ同期を再開する。

バックグランドで作動しているmonerodの状態を確認して同期の進捗状況を知るコマンドは以下の通り。

同期完了まで、私の実施した時期(2020年8月1日から2日)及び環境で約14時間を要しました。
使用ストレージ量は92GBでした。

結 言

今回はUbuntu18.04LTSで暗号資産モネロ(MONERO, XMR)のフルノードを立てる方法(Cliのみ)について記述しました。

-コンピューター
-, ,

Copyright© 投資イン東京 , 2020 All Rights Reserved.