コンピューター

CentOSでビットゼニー(ZNY)をマイニングする方法

更新日:

要 旨

LinuxのCentOSで仮想通貨ビットゼニー(ZNY)をPOWマイニングする方法について記述します。

実行環境

  • レンタルサーバーでCentOS7(有料)
  • マイニングプールはDaddy-Poolを利用(無料)
  • Macで標準ソフトのターミナルを利用してCLI操作(無料)
  • ターミナルマルチプレクサのtmuxを使用(無料)

実施要領

一般ユーザーを作成

細部要領は本ブログの過去記事をご覧ください。

CentOS7でユーザーを追加してsudo権限を付与する方法

rootのログインを無効化する

安全のためにrootユーザーでのログインを無効化します。

細部要領は本ブログの過去記事をご覧ください。

CentOS7でrootのログインを無効化・有効化する方法

ターミナルマルチプレクサtmuxを導入

tmuxをインストールする

tmuxを起動する

アップデートする

cpuminer(minerd)をコンパイルするために必要なパッケージをインストールする

cpuminerのソースコードのダウンロード(クローン作成)

コンパイルする

マイニングを開始する

ここまでのコマンドをまとめておきます。

"-t 2"は使用するCPUの数を指定しています。上記の場合、2個のCPUを使用するという意味です。

"-u"のあとの英数字は自分のDaddy-poolのアドレスです。適宜自分のアドレスに置き換えてコマンドを入力してください。

マイニングが開始されたなら、ログアウトせずにマイニングのコマンドを実行したままターミナルを閉じてしまって良い。マイニングは継続されます。

後ほど再びターミナルでログインしてtmuxを起動する際、

のコマンドを実行すれば、その時のマイニング状況が表示される。これがターミナルマルチプレクサtmuxの良いところです。通常のターミナルでは、ターミナルをログアウトせずに閉じれば実行中のコマンドが終了してしまう。

またtmuxを起動せずにマイニングを開始した場合は、

とコマンドを実行すれば、ターミナルを閉じてもコマンドは実行され続ける。ただし次回ログインした場合は、その時のマイニング状況の情報等(ハッシュレートなど)は表示されない。

マイニングを終了する

マイニングを終了するには、

のコマンドを実行して、マイニングの実行プロセスIDを確認して、

を実行すれば良い。

結 言

CentOSでビットゼニー(ZNY)をマイニングする方法について記述しましたが、現在(2018.12.16時点)ではビットゼニーの相場が低迷しておりマイニングしたとしてもレンタルサーバー代を差し引けば赤字状態が現状です。

あくまで趣味として楽しむ程度にしておいた方が良いと思われます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-コンピューター
-, , ,

Copyright© 投資イン東京 , 2021 All Rights Reserved.